1. やきもち妬きなお客様への対処法はこれだ

やきもち妬きなお客様への対処法はこれだ

キャバ嬢、特に人気のある女の子は指名が何度もかかるため、一か所のテーブルに座っても次々に座席をチェンジしなければなりません。

忙しく座席を動き回っているキャバ嬢や、他のお客様と楽しく盛り上がっている女の子に対して「君って本当にモテるんだね。俺の事なんかどうでもいいんだ」「あれ~、隣の女の子の方が可愛いな~。チェンジしてもらうかな~」などと言ってヤキモチを妬いてしまうお客様がいます。

このヤキモチ妬きなお客様はちょっと拗ねているだけなら可愛いのですが、本格的にヤキモチを妬くとストーカーなどに変貌してしまう可能性があります。
いい加減な扱いをしてしまい激怒させると大変なので、ある程度距離を維持して対応するのが良い対処法です。

ヤキモチな言葉でキャバ嬢の反応を見ている


人気のあるキャバ嬢ほど、様々な顧客から指名されて店中を忙しく駆け回るのは当たり前の事。
ところがそんなモテモテ人気キャバ嬢に妬いてしまう顧客もいます。

ヤキモチ妬きなお客様は「○○ちゃんって人気あるね。俺の事なんかどうでもいいんだよね」「今度からお店に来たら、他の女の子を指名しようかな?」とキャバ嬢の気を引こうと色んな言葉を投げてきます。

キャバクラのバイトをしていると、ヤキモチ妬きなお客様に出会う事はあります。
あまりにしつこくヤキモチを妬く場合は「もう、しつこいですよ。そんなに言うと○○さんの事、本当に嫌いになっちゃいますよ」と怒ってもOKです。

キャバ嬢が怒ると「ごめん、ごめん。本気なわけないだろ、お前が一番好きだよ」と言ってきます。
「本当に?でも嬉しいよ」などの会話で嫉妬の感情から目を逸らすのが良いです。

「○○さんの事、好きだからね」「○○さんの事は仕事じゃないから」と、ヤキモチを妬くお客様だけを特別扱いする返事も悪くありませんが、自意識過剰でストーカー気質な男性だと何かあった時に「俺のこと特別だとか好きだとか言っておいて、ウソだったのか!?騙したのか!」トラブルになる可能性もあります。

ヤキモチ妬きの特定の顧客だけを特別扱いするのではなく、他の顧客とも同じように接するのがヤキモチ焼きなお客様に対する対応です。
「あなただけ特別感」を演出してしまうと、以後しつこく付きまとわれる可能性もあります。

キャバクラには様々なタイプの男性がやってきますが、ヤキモチ妬きの男性は一番慎重に対応しなければならないちょっと危険なタイプです
もしストーカー被害に遭ってしまうようなら、お店側と良く相談しましょう。

冗談で言っているだけの顧客もいる


「○○ちゃん、もてるからさ。俺なんてどうでもいいでしょ?」
と冗談で言うお客様もいます。
明るく陽気に話しをするタイプで、他の女の子にも似たような言葉をどんどん掛ける男性は基本的に言葉のキャッチボールを楽しみたいタイプです

「何言ってるの?○○さんが一番だよ」「本当に?本気にしちゃうよ」と、その場のノリで楽しく会話をしている人もいます。

その場のノリで楽しく会話を楽しみたい方には、ノリで楽しくお付き合いしましょう。