キャバクラのバイトで本当に迷惑な顧客に「お触りしてくるお客様」がいます。

基本的にキャバクラ店内ではお触り禁止なのですが、それを無視する顧客は本当に困りますね。
中には堂々と触ってくる人もいますし、酔った勢いで胸やお尻を触る、時には腕を舐めてくる迷惑な顧客もいます。

キャバ嬢の中には「気持ち悪い」と男性不審になってしまうケースも。
キャバ嬢から見れば本当に困ったお客様なのですが、その正しい対処法とは?

まずはお触りされないようにする


スケベなお客様は「あ、この子触りやすいかな?」と、女の子の態度を見ながら触りやすい女の子とそうではない女の子を見分けています
背筋がピンと伸びてシャンとした女の子は体に触ると「止めてください!」としっかり拒否されそうに思えます。

でも気が弱そうで触られても何も言えなさそうな女の子だとどうでしょうか?

触っても怒ったりしないように感じると、触ってもOKなんじゃないかと思いませんか?
媚びたような話し方や仕草の女の子も「隙がある」と思われてしまうんです。

まずは女の子がハキハキ喋り、ダメな事はダメだとしっかり言える雰囲気を醸し出す事です
万一触られても「止めてくださいね」とピシャリと言いましょう。
何度もお触りするようなお客様は悪質なので、お店のスタッフに報告します。

スタッフが注意したにも関わらずほかの女の子にも触るようであれば出入り禁止になります。

スタッフが見て見ぬふりのお店


普通のキャバクラであれば「お触りされました」とお店のスタッフに報告すればスタッフが個別注意しますし、スタッフの目の前でお触りしているようならすぐに「止めてください」と制止します。

ところがなかにはスタッフの目の前でキャバ嬢の体を触っているにも関わらず、注意しないお店もあります

この場合、キャバ嬢の体に触っても良いセクキャバであったり、太客なので我慢して欲しいとスタッフが思っていたり、そもそも顧客の管理をする気がないお店であるなどいくつか理由が考えられます。
(もちろんセクキャバの場合はそのようなお店であると分かって入店しているわけですから、我慢するしかありません。)

また「太客なのでお触りくらい我慢して」とスタッフが真顔で言うお店もあります。
女の子よりもお店の利益の方が重要だと考えているです。
お触り禁止であるにも関わらず女の子に我慢をさせるようなお店は、レベルが低いと言わざるを得ません。

もしそんなブラックな店舗に入ってしまった場合は、我慢せずにさっさとお店を辞める方が良いです

この発想のスタッフは「お金のためなら女の子がどうなっても良い」わけですから、お触り以外のトラブルが起きてもお店がキャバ嬢を守ってくれない可能性があります。

キャバ嬢にお触りしているお客様に注意も出来ない管理能力の低いお店についても、在籍する価値はありません
このようなお店は客層も良くないので、早めに抜ける方が良いでしょう。

  • 1